広島県神石高原町から犬の殺処分0をめざす、Peace Wanko Japan (ピースワンコ・ジャパン)

広島県神石高原町から犬の殺処分0をめざす、Peace Wanko Japan (ピースワンコ・ジャパン)

新しい家族募集災害救助犬・セラピー犬
現地・アクセスマップENGLISH


新着情報詳細

【2014/10/01】  「ふるさと納税」を活用した寄付のお願い〜あなたの「税金」を殺処分ゼロのために〜


いつもピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の活動にご理解・ご支援を賜り、誠にありがとうございます。支援者の皆さまにはお手紙にてご案内しましたが、PWJは今年の動物愛護週間(92026日)に合わせ、本部がある広島県神石高原町と連携して、「ふるさと納税」を使って犬の「殺処分ゼロ」の活動をご支援いただける仕組みを作りました。自治体と民間が連携し、ふるさと納税の制度を殺処分ゼロに生かす取り組みは、全国初となります。

 
 

「ふるさと納税」は、自治体に寄付をすると、その額に応じて所得税や住民税が軽減される制度です。神石高原町は、自治体だけでなく民間組織も公共サービスを担っていくという考えのもと、寄付の指定先にNPO法人や自治振興会を加え、ふるさと納税を民間の公益的な活動に使える仕組みを整えました。

 

この仕組みでは、PWJを指定して町に寄付をしていただくと、寄付額の95%が「殺処分ゼロ」をめざすPWJの活動に活用されます(残りの5%は町の事業に使われます)。そして、寄付額のうち2000円を除いた額が皆さまの所得税や住民税から差し引かれ(確定申告が必要です)、さらにPWJからお礼の品をお届けします。つまり、実質的なご負担はほとんどなく、「殺処分ゼロ」の活動にご参加いただけます。

 

820日に発生した広島土砂災害では、PWJが育成した2頭の災害救助犬とレスキューチームが出動し、泥の中から2人の行方不明者を発見しました。うち1頭の救助犬「夢之丞」が県の動物愛護センターで殺処分される寸前の捨て犬だった経歴を持つことから、メディアでも大きく報道されました。PWJは、「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトとして犬の殺処分をなくす活動に取り組んでいますが、夢之丞の活躍をきっかけに「殺処分ゼロ」への支援もさらに広がっています。

 
1日でも早く殺処分ゼロを実現するため、ほぼご負担のない「ふるさと納税」の仕組みを通じてさらなるご支援を賜りたく、ご協力をお願いいたします。

 

詳細は、こちらのパンフレットをご覧ください。

あなたの「税金」を、殺処分ゼロのために

お申込みの際はこちらの申込用紙をご印刷後、ご記入いただき、FAXまたは郵送してください。

申込書

FAXの場合:0847822949

郵送の場合:〒720-1622 広島県神石郡神石高原町近田11612 2F

 

また、お問い合わせ、パンフレットのお取り寄せは下記までご連絡ください。

PWJ支援者サービス係 0847890885

受付時間:9:00-18:00 (土、日、祝日は休み)



一覧へ戻る
989 386 (2016年8月末)
 ふるさと納税のおねがい
ワンだふるサポーター募集中!!
ピースウィンズ・ジャパン