メニュー

ピースワンコ・ジャパン ワンコとヒトの幸せのために

TOP >活動を知る

ピースワンコ・ジャパンの

活動

Peace Wanko Japanとは

捨て犬・捨て猫の殺処分数は、年々減少傾向にはありますが、2014年度も全国で計10万頭を超え、大きな社会問題となっています。

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が犬の保護・譲渡活動を主軸として運営する「ピースワンコ・ジャパン」事業の目的は、人間の身勝手によって生み出される犬・猫の殺処分をなくし、ペットと人間の真の共生を実現することです。

PWJにとって災害救助犬は災害支援の「仲間」でもあり、仲間である犬がこれだけ殺処分にあう状況に対して、これまで培ったネットワークや社会変革の経験を活かして全国に適用可能なモデルを構築することが必要との考えから、ピースワンコ事業をスタートさせました。

これまでにも多くの団体や個人が動物の保護活動を続けてきました。また、自治体として殺処分の減少に真剣に取り組んでいるところもありますが、全国にその流れを波及させるほどの強い社会的インパクトをもたらしているケースは見当たりません。「殺処分ゼロ」を願う人は多いが、実現できない夢物語と考える人もまた多いのも現状です。

広島県の犬の殺処分数の推移
ピースワンコ事業の本拠地である広島県は、2011年度に犬・猫を合わせた殺処分数が8,340頭(犬2,342頭、猫5,998頭)にのぼり、全国ワーストを記録しました。PWJはまず、2013年秋から取り組んできた「広島の犬の殺処分ゼロ1000日計画」に沿って、2016年4月以降、広島の殺処分対象犬の全頭引き取りを開始し、犬の「殺処分ゼロ」を実現。

殺処分問題の解決が可能であることを示しています。その社会的インパクトを生かして、他の保護団体との連携を強化し、広島モデルを全国に拡大することにより、東京オリンピックが開かれる2020年までに全国の犬の殺処分ゼロを達成することを目標に掲げています。

犬より繁殖力が格段に強く、対応が難しいとされる猫の殺処分問題についても、他の保護団体と協力して捨て猫の保護・譲渡や繁殖制限などに取り組んでおり、犬・猫ともに殺処分ゼロを実現するべく努力しています。
犬の殺処分ゼロ
また、保護活動をされる方の多くが頭を悩ませる資金調達に関しては、本拠地のある広島県神石高原町と連携し、ふるさと納税のNPO指定寄付を活用。2014年以降、全国の延べ1万7,000人以上の方々から4億円以上の寄付をいただき、活動に活用しています。

活動特徴

施設を準備する
施設を準備する
(神石高原町)
2016年夏、犬舎を200頭規模から600頭規模へ増設。
殺処分前の犬や捨て犬を保護する
殺処分前の犬や
捨て犬を保護する
2016年4月から、広島県内の殺処分対象犬の全頭引き取り開始。広島の犬の殺処分ゼロ継続中。
獣医師による健康管理を行う
獣医師による
健康管理を行う
常勤の獣医師が1頭1頭に応じた健康管理を行っている。
ドッグトレーナーによるしつけを行う
ドッグトレーナーによるしつけを行う
ワンコのお世話は、ドッグトレーナーや獣看護師、または獣医師など有給スタッフ約25人が担当(2016年6月時点)。スタッフは全国から神石高原町に移住して働き、過疎・高齢化が進む地域での雇用創出、活性化にも一役買っている。
新しい飼い主を探す
新しい飼い主を探す
神奈川県藤沢市の「湘南T-SITE」、広島市の「広島マリーナホップ」で常設の保護犬譲渡センターを開設。湘南では企業と連携し、非営利型ペットショップのモデルづくりをめざす。譲渡・返還率は5割以上を維持している。
神石高原ティアガルテン
また、広島県神石高原町の保護施設に併設オープンした体験型観光施設「神石高原ティアガルテン」では、保護犬との接点をより生み出すため、犬のお散歩などの体験プログラムも提供する予定です。 詳しくはこちら