メニュー

ピースワンコ・ジャパン | 保護犬の里親探し・譲渡を促進

TOP >ピースワンコ 保護犬事業 取り組みの現状について >シェルター状況その1
(日常・ファシリティー)

ピースワンコ・ジャパンでは

犬舎の増築をすすめています

 

 

・シェルターについて 

2019年3月現在、私たちは7万平方メートル以上の保護犬の収容用地を確保しており、約4200平方メートルの庭付き犬舎施設や8000平方メートル以上のドッグランがあります。犬舎内は、犬がある程度自由に動き回れる広さとなっています(病気の隔離犬舎などを除く)。また、1-3部屋ごとに仕切られた庭がついており(清掃の時間に順番に犬を出します)、そのほかに駆け回ることが出来る広いドッグランもあります。現在、保護犬施設の増設工事を進めており、2019年中にはさらに収容力が増加する予定です。(最新映像を5月第2週にお届けします。)

 

 

・あるシェルタースタッフの1日(シェルタースタッフの様々な仕事を映像にまとめました)

 

シェルタースタッフの仕事は、上記の他、仙養シェルターでは施設見学の対応や里親さん希望のマッチング、土日は外部の譲渡会への参加などがあります。 また、犬舎間で犬を移動させたり、毎月のワクチンや病気、怪我の治療のために犬をシェルター内の診療所へ連れて行ったりもします。 スタッフは、年間を通して週休2日を基本にシフトを組んでいます。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加