メニュー

ピースワンコ・ジャパン | 保護犬の里親探し・譲渡を促進

TOP >殺処分ゼロの活動に、ふるさと納税でのご支援をお願いします

殺処分ゼロの活動に、ふるさと納税でのご支援をお願いします

— 殺処分ゼロを続けるために、ふるさと納税でできること —


私たちのピースワンコ・ジャパンプロジェクトが広島県で殺処分対象になったすべての犬の引き取りを始めてから、約2年半がたちました。今も、毎週平均30頭ほどの犬を保護し続け、県内の犬の「殺処分ゼロ」をなんとか維持しています。過去に例のないこのチャレンジを支えてくださっている皆さまに、心からお礼を申し上げます。

これからも犬たちの命を守り続けるために、ピースワンコは今、あなたのご支援を必要としています。残酷な殺処分を二度と再開させないよう、活動へのご協力をお願いいたします。


チョイス

期間:2018年1月19日~2018年12月31日

プロジェクトサイトURL:https://www.furusato-tax.jp/gcf/259

目標金額:600,000,000円
チョイス


現在、ピースワンコの保護施設には2600頭以上の犬がいます。これは、全頭引き取りを始める前の10倍以上です。県の動物愛護センターなどから、捨て犬や野犬が次から次へと送られてきます。 この1年間でも私たちが保護施設でお世話をする犬は600頭以上増え、保護活動の現場ではスタッフの苦闘が続いています。 一方で、これまでに譲渡・返還できた犬も約1200頭となりました。
広島での「殺処分ゼロ」の維持、そして2020年までの全国的な「殺処分ゼロ」の実現に向け、ピースワンコ・ジャパンがこれから重点的に取り組もうとしているのは、以下の点です。

➀保護施設の拡充
➁譲渡センターの新規開設
➂スタッフの拡充と人材育成
➃他団体との連携
⓹保護犬・猫を迎えることをスタンダードにする啓発活動
⑥災害救助犬とレスキューチームの育成

これらを通して、私たちは日本における殺処分ゼロを実現し、ペットをめぐる環境を刷新したいと考えています。ペットをめぐる環境の刷新とは、保護犬・猫を迎えることをスタンダードにし、動物本来の性質をきちんと学んで尊重する「アニマル・ウェルフェア」の考え方を広めることです。

ふるさと納税を通じた皆さまのご寄附は、広島の殺処分ゼロを維持する大きな支えとなり、さらにこの流れを広島から日本中へと広げる原動力になります。広島から日本を変える活動に、さらなるご支援をどうかよろしくお願いいたします!

ふるさと納税


【ご注意】ふるさと納税でのご寄付について

ふるさと納税による2019年度の税控除(2018年1~12月のご寄付が対象)をご希望の方は、12月31日までに決済が完了している必要がございます。(インターネット経由、クレジットカードでのお申し込みの場合)

チョイス

ふるさと納税以外でのご寄付

ワンだふるサポーター



1日30円(月額1000円)からのご寄付で、ピースワンコ・ジャパンの活動をご支援いただくプログラムです。皆さまのご寄付は、保護した犬の新しい飼い主が見つかるまでの飼育費(食事代、医療費など)や災害救助犬・セラピー犬の育成などに使わせていただきます。サポーターの皆さまには年3回のニュースレターをお届けします。

ワンだふるサポーター

ワンだふるファミリー



>殺処分から救った犬の中には、“高齢”“病気を抱えている”などの理由で、長い間、家族に恵まれない犬がいます。そんな犬たちを遠方から家族として支えていただく会員制度です。サポーターの皆さまにはニュースレターや誕生日カードが届くほか、ブログを通してワンコからの近況報告をお届けします。

ワンだふるファミリー
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加