片目が見えない「はなまる」卒業! supported by Yogibo

2022年3月15日にピースワンコにやってきた「はなまる」は、当時推定5歳くらいでした。人もお散歩も大好きで元気いっぱい。でも、保護された時から左目が少し飛び出て、眼球が濁っていました。検査したところ視力がないことが判明。里親希望者の方から何件もお問い合わせをいただきましたが、片目が見えないこともあり、なかなかご縁が繋がりませんでした。

けれど、運命の糸が途切れることはなく、とうとう2022年11月18日に卒業していきました!

「はなまる」を家族に迎えてくださったのは、2022年の春まで19歳の柴犬と暮らしておられた里親様。『自分も聴覚障害を持ってるので、失明のハンデを持っていながら明るい性格をしている “はなまる” と人生を送りたい』とご連絡をいただき、手話の方を挟んで会話を進めていきました。

最初は、迎えた後に懐いてくれるかな、咬まれたりするかな、引きこもっちゃうんじゃないかな等さまざまな心配があったそうですが、保護犬を家族に迎えている方たちが仲良く暮らしているのをみて、「お互い障がいを抱えた者同士。きっと仲良くなれる」と里親になることを決めてくださいました。

卒業の日、「はなまる」は里親様のご自宅に到着したあと少し緊張していました。でも家族が出来たことが分かるのか、里親さんの元へ歩み寄って行って優しく撫でてもらい、幸せそうな笑顔をみせてくれました。

『 “はなまる” は目が見えないけど、僕は聞こえない。だからお互い仲良く、生きて、歩いていこうと思います』
『 “はなまる” と一緒に楽しく暮らしたいと思います。可愛がります。ずーーっと可愛がります』

里親様は優しい笑顔で、そうおっしゃってくださいました。ずっと待ち続けた運命の家族が出来た「はなまる」の卒業の様子、ぜひ動画からご覧ください。

・ピースワンコTV(3分51秒)

※「保護犬が、ゆるんでいく」プロジェクト
※この動画は「保護犬が、ゆるんでいく」プロジェクトを通して制作・発信しています。日本の犬の「殺処分ゼロ」を目指すピースワンコは、人に懐かないという印象を持たれやすい保護犬でも一緒に暮らせて、リラックスした表情を見せてくれるというメッセージを発信するため、Yogibo とともに「保護犬が、ゆるんでいく」キャンペーンを展開しています。詳しくは、こちら