あきる野譲渡センターからレジェモが卒業

20219月に、多頭飼育崩壊から愛護センターに保護されていた白ワンコの中にレジェモもいました。

推定年齢は、5歳ぐらいの女の子、人への警戒心が強く、環境やスタッフになれるまではビクビクしてしまうワンコでした。


検疫シェルターやスコラシェルターで、徐々に人への警戒心が落ち着いてきたレジェモは、202112月に東京あきる野譲渡センターに移動してきました。

 

スコラシェルターで細菌性膀胱炎を患っているのがわかり、治療は終了しているものの療法食を食べながら、あきる野譲渡センターで里親さまとの出会いを待っていました。

年が明け、レジェモを気にかけてくださるご家族が現れました。

この里親さまは、初詣で「5歳くらいのワンコで、白い長毛、10㎏くらいの子」を探してるとお願いした直後にレジェモとの出会いがあり、「なんてぴったりな可愛いワンコなんだろう」と思ったそうです。

お宅訪問をし、お家の状態を整えていただいている間、レジェモは犬舎で里親さまからベットを準備していただき、レジェモも卒業の準備をしていました。


卒業の日、レジェモは笑顔で卒業していきました

きっと、これからは里親さまの元、もっともっと素敵な笑顔が溢れる毎日を過ごすことでしょう。

レジェモ、卒業おめでとう!幸せになってね。