「保護犬」がもっと身近な存在になるために

皆さんは「保護犬」にどのようなイメージをお持ちでしょうか?怖がり、シャイ、飼いづらい・・・もしかしてそんな不安をお持ちの方もいるかもしれません。今まで犬と暮らしたことがないけれど「保護犬」を迎えられるだろうか?雑種のコが多くてどんな性格かよく分からない。そんなお声を聞くこともあります。

 

ピースワンコの保護犬には、生後数か月の子犬から成犬、シニアなど様々な年齢層の犬たちがいます。また山の中で生まれて「野犬」として育った犬もいれば、長い間ネグレクトを受けていた犬や病気の犬、怪我をしている犬などもおり、それぞれが多様なバックグラウンドを持つ個性豊かな犬たちばかりです。

 

そのため家族として迎えたら、そのコのペースに合わせて少しずつ距離を縮めていき、お互いを理解し合い信頼関係を築いていくことが大切です。このコラムでは、「保護犬と暮らす」うえで役立てていただける“小さなヒント”をご紹介していきたいと思います。

 

ピースワンコの保護犬を迎えてくださった里親様からは「かけがえのない家族になりました」「このコ以外もう考えられない」というお声をよくいただきます。シャイで怖がりな性格のコも多いですが、信頼関係ができてくるとこの上なく可愛らしい表情やしぐさを見せてくれます。

たとえば、家族に迎えた当初は部屋の隅にじっとして動かなかったけれど、少しだけ歩き回れるようになった。ちょっとずつ家族に近寄って来てくれるようになった。人前で食べられなかったのに、手からオヤツを食べてくれるようになった。いつも丸まって寝ていたのが、ある日ヘソ天で無防備に寝ていた、などなど。普通の飼犬には当たり前の小さなことでも、シャイなこのコたちにとってはそうではありません。でも家族の一員として愛情をこめてお世話をしていけば、時間はかかるかもしれないけれど、いつの間にかできることが増えていきます。このコたちの変化をみつけるのはとても楽しく、毎日新しい発見があります。そしていつか必ず、人生でかけがえのない大切なパートナーになってくれます。ワンコの成長に家族みんなの会話も弾みますし、保護犬を飼うまで知らなかった温かい気持ちを共有するようになった、という声もお寄せいただいています。

 

このコラムで紹介していく“小さなヒント”が、「保護犬と暮らす」皆さんや「保護犬を迎える選択肢」を検討しておられる皆さんの参考になれば嬉しいです。