【Yogibo Tanzaqプロジェクトに採択されました】 保護犬の認知向上とイメージアッププロジェクトを開始

ピースワンコ・ジャパン・プロジェクトは、より多くの方へ保護犬の存在の認知拡大を目指した、「保護犬が、ゆるんでいく」プロジェクトを開始しました。

 

◆「保護犬が、ゆるんでいく」プロジェクト

保護犬は「臆病」「人に慣れない」というイメージを多くの方が持っています。実際は、それぞれのワンコたちと信頼関係を結び、お互いが心を開いていくことで、とても人懐っこく、家族として最高のパートナーになってくれます。

最初は里親さんのもとで緊張していた保護犬も、生活環境に慣れていくと「その緊張もゆるみ、リラックス」した姿を見せてくれます。そんな犬たちの新たな犬生のスタートを、より多くの方に発信することで、保護犬に対するイメージの向上を図ります。

今後、里親さんへのインタビュー動画や、SNSキャンペーンなどをとおし、保護犬たちの日常生活から見える様々な表情をより多くの方に見ていただくことで、保護犬、殺処分の社会問題の認知も拡大し、ピースワンコのみならず、多くの保護団体への関心が増えることも期待します

 

◆企業スポンサーについて「TANZAQ」プロジェクトに採択

本プロジェクトは、快適すぎて動けなくなる魔法のソファYogibo(ヨギボー)を展開する株式会社ウェブシャーク(大阪市中央区/代表取締役社長 木村誠司 以下「Yogibo」)が、スポンサーとして持続可能な社会課題の解決に取り組む団体に広告を出稿する「TANZAQ」プロジェクトに採択されました。https://tanzaq.jp/

里親さまとの出会いを待つ保護犬たちがこれまで以上にリラックスした環境で過ごせるよう、犬用のビーズクッション「Doggybo」の物品協賛を受けたことから、全国のピースワンコ譲渡センターに設置することが決定しました。

 

◆Yogibo Social Good:https://bit.ly/345YzLI

※上記yogibo公式サイトからクーポンコード「PCWN」を入力して購入すると、ピースワンコ・ジャパンに売り上げの5%が広告費として支払われます。