糖尿病を患っている「スピガ」と「アワビ」

持病を患う、ワンコたちの日常を楽しくしてあげたい!

病気・高齢・障がいをもつワンコが暮らす「オレンジ犬舎」には、糖尿病を患っている子も数頭暮らしています。
糖尿病では人間と同様に、定期的な血糖値チェックなどが欠かせません。
ピースワンコのスタッフは、ワンコによって触られるのが苦手な箇所などを把握して、出来る限り負担にならないようにケアを行います。

「スピガ」は普段は明るくて元気な、まだ3歳の女の子です。

定期的な血糖値のチェックなど、医療的な処置が必要です。スピガが好きなお遊びなど日々のふれあいの中で、彼女の些細な状態の変化を見逃さないように努めます。

 

スラリとした、美犬のスピガ。持病があるため、あまり遠くまではお散歩ができないけど、普段暮らしている神石高原シェルターの周りには、気持ち良い草むらがあって、日向ぼっこをしたりして過ごしています。

 

「アワビ」は今年で8歳になる女の子です。糖尿病のほか水晶体白濁を併発していて視力も悪いので、近づいてくるスタッフのニオイを嗅ぎ、どのスタッフかを見分け、すり寄って挨拶してくれる優しい子です。

持病がある子へのケアでは、遊びたいという気持ちと体力に大きなギャップもあり、追いかけっこや長時間のお散歩など、思い切り遊ばせてあげられないことに、心苦しさを感じます。

ですが、室内でも楽しめる嗅覚を活用したゲームや、お部屋の中でも楽しめるおもちゃ、友達ワンコとのふれあいを通じて、それぞれの日々が少しでも楽しくなるように、これからも出来る限りの工夫をしていきたいと思います。