fbpx
メニュー

ピースワンコ・ジャパン | 保護犬の里親探し・譲渡を促進

【卒業報告】バベシア症の「キマリ」、検疫犬舎スタッフの家族に!

2022/06/13

ピースワンコが保護したワンコたちが最初にやってくる検疫犬舎。その事務所には飼い主を待つ一頭のワンコの姿があります。その名は「キマリ」。飼い主は検疫犬舎で働くスタッフ、芦塚です。



2019年の夏頃、野犬の子犬で推定4か月位だったキマリは動物愛護センターからピースワンコに保護されて、検疫犬舎にやってきました。ちょうどその時、ピースワンコに入職していた芦塚が検疫犬舎に配属されました。キマリは体調を崩しがちだったため、詳しく検査をしたら「バベシア症」になっていることが判明。常に人のいるところで体調を見ながら管理することになり、人馴れトレーニングもかねて芦塚が一年弱、ずっと毎日連れて帰ってお世話をしました。そうしている間に「キマリの里親になりたい」という思いが芦塚に芽生え始めました。


そんな芦塚を後押ししたのは「ファミリーサポート制度」です。ピースワンコで検査をして病気が判明した場合、その病気にかかる医療費の一部をピースワンコが負担をする制度です。芦塚はその制度を使って、キマリを引き取ることを決めました。

芦塚が保護犬の存在を知ったのは、中学時代。体調を崩して学校に行けなかったとき、両親が保護犬を家族に迎え、そのワンコのお陰で元気になった経験があるそうです。その経験から、動物にかかわる仕事がしたい、と強く思うようになってピースワンコの仲間になってくれました。



芦塚の今の目標は、保護犬の存在を全国の人たちに知ってもらい、犬と暮らしたいと思ったときに「保護犬を迎える選択肢」があることを知ってもらうこと。そして、保護されるワンコがゼロになり、私たちが保護する必要がなくなって「ワンコも人もみんなが幸せに共存できる世界」にすること。芦塚の目標は、私たちピースワンコの目標です。キマリと芦塚の物語、ぜひ動画からご覧ください。
 

・ピースワンコTV (8分15秒) ⇒ こちら をクリックしてご覧ください。


 

▼継続的なご支援をお願いいたします。

 

 

Pocket
LINEで送る

WRITER

yuri.yokoo
yuri.yokoo