fbpx
メニュー

ピースワンコ・ジャパン | 保護犬の里親探し・譲渡を促進

TOP >保護から8年。ワンだふるファミリー「バニラ」卒業! supported by Yogibo

保護から8年。ワンだふるファミリー「バニラ」卒業! supported by Yogibo

皮膚病を患っていた小さな女の子「バニラ」

今から約8年前、広島県愛護センターから引き出したワンコたちの中に、生後6ヶ月ほどの小さな女の子がいました。アカラスという皮膚病を患っていて、体の所々の毛が抜けてしまっている状態でした。
けれど、とてもきれいな目をした女の子でした。当時の担当者は彼女の可愛らしいその姿から、「バニラ」と名付けました。

保護シェルターで暮らし、治療を継続する日々

とても人懐っこい性格のバニラは、スコラ犬舎のふれあいワンコ担当として、見学に来られたお客さんをいつも出迎え、もてなしてくれていました。

元気いっぱい、そして他のワンコともすぐに打ち解けられる優しい子に成長してくれましたが、皮膚病の治療を続けながら暮らしている彼女には、中々里親さまとの出会いを繋げてあげられずにいました。

「ワンだふるファミリー」に支えられた、シェルターでの生活

たとえ同じ屋根の下で一緒に暮らすことができなくても、バニラにも家族のあたたかさを感じて欲しいと思い、ワンだふるファミリーの仲間に入れ、彼女のことを応援してくださるご支援者さまを募りました。
それからは、多くの支援者さまがバニラの「ファミリー」として、たっぷりの愛情で支えてくださり、治療を続けることができました。

彼女のお誕生日になると、たくさんのお祝いの贈り物や、あたたかなメッセージが届きました。

長く続いたシェルターでの生活では、ときに、同室になった仲良しの老犬の最期をスタッフと一緒に見送ってくれ、泣いているスタッフの心を癒してくれる場面もありました。

そしてバニラ自身も、普段一緒に遊んでいたワンコがの里親さまの元へ卒業したときは、少し寂しそうな様子でした。

そして、今年の7月。ついに運命の出会いが訪れます。

以前から保護犬を迎えることを検討してくださっていた里親さまは、これまでも数回「あきる野譲渡センター」に足を運んでくださっていました。

マッチングする子との出会いを待っていた里親さまに「バニラ」のことを紹介したところ、彼女の性格から全てをとても気に入ってくださり、家族に迎えたいとお申し出をいただきました。

里親さまとバニラが信頼関係を築くのに、長く時間はかかりませんでした。これまでずっと一緒に暮らしていたかのように、お互いの存在に安心している様子で、卒業手続きを行ったスタッフも、少し驚きました。

これからは優しいご家族と共に、幸せに暮らして欲しいとスタッフ一同願っています。

殺処分をゼロに。「保護犬と暮らそう」プロジェクト

日本の犬の「殺処分ゼロ」を目指すピースワンコでは、人に懐かないという印象を持たれやすい保護犬でも一緒に暮らせて、リラックスした表情を見せてくれるというメッセージを発信するため、Yogiboとともに「保護犬が、ゆるんでいく」キャンペーンを展開しています。

◆Yogibo Social Good:https://bit.ly/345YzLI

※上記Yogibo公式サイトからクーポンコード「PCWN」を入力して購入すると、

ピースワンコ・ジャパンに売り上げの5%が広告費として支払われます。

Pocket
LINEで送る

WRITER

furuichi
furuichi