https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_5_1659580243327_(1).png
日頃よりピースワンコ・プロジェクトに温かいご理解・ご支援を賜りありがとうございます。酷暑や豪雨で過ごしにくい日が続いています。こまめな水分補給やできるだけ涼しい場所で過ごすなど、体調を崩さないようにお気を付けください。

●心臓病に負けない!9ヶ月の「モモの助」

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v44_1659595490699_momo1.jpg

昨年末、皆に愛された推定6か月のガープが心臓病の悪化で虹の橋を渡りました。あれから半年。いま、犬舎には同じように心臓病をかかえたワンコがいます。 名前は「モモの助」。偶然にもガープのように真っ白い子犬です。推定9ヶ月ですがガープと違って大柄で、体重が17キロもあります。力があり余っていて、いつもすごい元気です。

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v44_1659595490420_momo2.jpg

モモの助は、左心室と右心室の壁に穴が開いている「心房中隔欠損症」という先天性心疾患があり、右心拡大、肺動脈弁狭窄、乱流重度等の疾患も抱えています。 心臓の負担になるから運動は控えめにといわれてますが、ガープより症状が軽いため、ちょっとはお散歩に行くことができます。

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v44_1659595489691_momo3.jpg

お散歩では、鼻を使わせることをよくします。犬は真剣に匂いを嗅ぐと結構体力を使うので、激しく動かなくても体力を消費できるように、スタッフは工夫しながら鼻を使う練習を行っています。

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v44_1659595490552_momo4.jpg

現在、モモの助は「ワンだふるファミリー」でネット上のお父さんお母さんに支えていただいています。「ワンだふるファミリー」は、病気や障害を抱えていたり高齢だったり、譲渡が難しいワンコを家族として支える制度です。まだ9ヶ月のモモの助。いつの日か、心臓が悪いことも、ちょっとやんちゃなところも、全部を可愛がってくれる家族が見つかるといいね!モモの助の動画、ぜひご覧ください。

・ピースワンコTV(3分37秒)

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v5_1659610223638_momotv.jpg

▽譲渡が難しいワンコを支える▽

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v44_1659595489596_wf_20220408.jpg

●あなたのふるさと納税を犬たちのために

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v44_1659595490486_2_1.jpeg

怯え、孤独、痛み、不安、飢え・・・。愛護センターで初めて出会う犬たちの表情です。支援者の皆様には幸せになっていくワンコたちの表情をたくさんお見せしたいのですが、これが殺処分が続いている日本の現実です。私たちが何気なく過ごしている日常の世界のどこかで、いまも人間の手で失われていく「命」があります。

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v44_1659595490632_2_2.jpg

私たちが犬たちと初めて出会う場所である、動物愛護センターの殺処分機“ドリームボックス” の写真(下)です。2016年から広島県の殺処分機の稼働はストップしてますが、殺処分機はまだ撤去されていません。

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v77_1659599340695_2_3.jpg

今年6月末、動物愛護センターのケージの中で震えている野犬の子がいました。痩せた全身に皮膚病が広がり、耳の後ろを怪我していました。誰も引き取る人がいない彼を神石高原シェルターに連れて帰り「イチカ」と名付けました。医療措置を行い清潔にして、スタッフがとにかく愛情を与えてお世話をして約1ヶ月。人馴れはこれからですが、「イチカ」はすっかりやんちゃな腕白ワンコになりました。

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v77_1659599340623_2_4.jpg

先日、譲渡会の会場で小さな女の子が、ピースワンコ・プロジェクト・リーダーの安倍誠に、心がこもったお手紙を書いてきてくれました。私たちの活動は、この女の子のような、たくさんの皆さまの温かい想いに支えられています。

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v77_1659599339794_2_5.jpg

私たちの活動の運営費用の約半分は「ふるさと納税」によるご寄付です。ピースワンコの神石高原シェルターがある広島県神石高原町に「ふるさと納税」をしていただくと、私たちの殺処分ゼロの活動を支えることができます。

2020年に殺処分された犬は5046頭。生まれた環境が違っただけで、同じ犬でも命を落とす子がいます。この数字をゼロにするために「ふるさと納税」で私たちを支えてください。ご支援どうかよろしくお願いします。

※お手続きで分からないことがあればご遠慮なくフリーダイヤルでお問い合わせください。

⇒ フリーダイヤル:0120-775-877(平日10:00~17:00)

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v77_1659599340753_furusato_20220609.jpg

●譲渡会・イベントのご案内

一頭でも多く保護犬の命を幸せにするために、コロナ感染拡大防止策を講じながら様々な活動を続けています。ぜひシェアやご参加で応援お願いします。

▽ピースワンコホームページ/譲渡会・イベント▽

●皆さまからお寄せいただいたお声

私たちの活動へお寄せいただいたお声の一部をご紹介させていただきます。皆さまと一緒に、1頭でも多くのワンコを救えるよう、スタッフ一同全力を尽くします。これからもご支援宜しくお願いいたします。

◇「今年の1月に14年共に暮らした愛犬が亡くなりました。寂しさはまだまだ癒えず、新しい家族を迎える気にもなりませんが、時期が来たら絶対に保護犬を迎えたいと思っています。先日テレビで野犬が多くなって困っているという報道をみました。あの子たちも元は飼い犬だったのかもしれません。可哀想な境遇のワンコ達を見ると涙がこみ上げます。人間の身勝手な行動でこんなめにあわされている犬たちがいなくなるように願うばかりです」(M.T様)

◇「人との“出会い”があるように動物との間にも“出会い”があるように思います。私がこれを書いているテーブルの上には愛猫が左右に1匹ずつ寝そべっており、足元では子猫が私の足をかじってます(笑)。障子とふすまは全滅しましたし、敷き布団はおしっこの型がついてます(笑)。たえて猫のなかりせばわが心はのどけからまし…と思わないではありませんが(笑)、動物との暮らしは大変なことも多いけど、それを苦に感じないし、むしろ与えてくれるものの方が多いです。保護犬猫がゼロになり、人と動物、みんなが幸せに共存できる時がきますように」(T.I様)

▽たくさんのワンコ達が出会いを待っています▽

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v77_1659599340553_3.jpg

◇ ご寄付してくださった皆さまへ ◇

ピースワンコ・ジャパンへのご寄付は、寄附金控除の対象になります。控除手続きに関する詳細は下記ページからご覧ください。

ご寄付の領収書と確定申告について

寄附金控除についてのよくあるご質問

◇ ご住所・お名前の変更は、下記フォームへご入力ください。

変更手続きフォーム

◇ ピースワンコへのご支援は「企業版ふるさと納税」からもご寄付頂けます。企業版ふるさと納税は正式名称を「地方創生応援税制」といい、企業が自治体に寄付をすると税負担が軽減される制度です。「企業版ふるさと納税」を通して10万円以上のご寄付を行って頂くと、最大9割まで税控除されます。企業・団体の皆さまにおかれましてはぜひご活用ください。

<参考:外部サイト>

地方創生推進事務局-企業版ふるさと納税

◇ 法人からのご寄付や、遺産・相続財産からのご寄付は、専門部署でご相談で承っております。お気軽にご相談ください。

お問合せフォーム

◇ ピースウィンズ・ジャパンは毎年外部の監査を受け、会計報告書を含む「年次報告/会計報告書」を公式サイトにて公開しています。

年次報告/会計報告書

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v115_1659600433583_furusato_20220609.jpg

●皆さまのご支援で救われた命

皆さまのご支援のお陰で「命」を救うことができたワンコの中から、数頭をご紹介します。

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v115_1659600435371_4_3.jpg
https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v24_1659678820928_dog2.jpg

◇ 編集後記 ◇

皆さまのご支援で命を救われた「トトリ」「テヤン」「パラム」「ハヌル」。野生で過ごしていた時から助けあって生き抜いてきたであろう姉妹は、愛護センターで身を寄せあって怯え震えていました。検疫犬舎に連れ帰り、検査の際に「大丈夫だよー」と優しく声をかけると抱っこもできました。「この人たちは大丈夫だ」と安心してくれているようでした。ワンコの思いは「家族と生きたい」ただそれだけです。いつの日か、優しい家族とご縁が繋がることを願い、大切にお世話をしていきます。そして私たちが保護するワンコがいなくなる日まで、皆さまの温かな想いを励みに活動を続けます。どうかこれからも応援よろしくお願いいたします!(ピースワンコ・ジャパン・プロジェクトリーダー 安倍誠)

▽「メルマガに関するアンケート」にご協力お願いします▽

▽ ふるさと納税で支援する ▽

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v155_1659604410271_furusato_20220609.jpg

▽ 譲渡が難しいワンコを支える ▽

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v155_1659604410480_wf_20220408.jpg

▽ 1日30円からご支援できます ▽.

https://campaign-image.jp/zohocampaigns/1491000000096892_zc_v155_1659604410355_ws_20220610.jpg

私たちの活動をSNS等でもお伝えしています!

ぜひご覧ください。

Facebook
Twitter
Instagram
Youtube

発行 ピースワンコ・ジャパン
●メルマガに関するアンケートはこちら
●各種お問い合わせ・ご感想は こちら
●ご寄付(物品寄付を除く)や各種お手続き: TEL.0120-252-176 (平日10-17時)
物品寄付/里親希望/施設見学:0847-89-0039 (平日9-18時)