ビビりってダメなの?

保護犬はシャイで怖がりでビビりな性格のコが多いので、そのコのペースに合わせて少しずつ距離を縮めながらお互いを理解し合い、信頼関係を築いていくことが大切だと前回のブログでお伝えしました。

ところで、シャイで怖がりなのは、良くないことなのでしょうか?
ビビりな犬はダメな犬なのでしょうか?

そんなことはありません。実は犬だけではなく猫や人間など、哺乳類はみんな「ビビり」です。

弱肉強食のルールがある自然界で生き残るためには、敵から逃げて身を守らなければなりません。ビビりで怖がりだからこそ、五感をフル活用して生き残っていけるのです。そう考えると、野犬たちがビビりで怖がりなのは当たり前のことと言えますよね。

犬の場合、生後3か月くらいまでの「社会化期」と呼ばれる子犬のころの経験がとても大切で、その時期に経験したことがないことや見慣れないものに対して恐怖心を覚えるといわれています。
そのため、社会化期を過ぎてから初めて見たり経験したりすることに対して「え?なにが起こったの?わからないよ、怖いよ!」と恐怖を覚えるようになります。ピースワンコの保護犬たちの多くは元野犬なので、子犬の時期に人間と暮らしたことがない犬がほとんどです。保護されてから初めて私たち人間との暮らしが始まるため、人間の姿だけでなく音や光、車など私たちにとって普通のことが、彼らには恐怖の対象となってしまうのです。

また、怖がりな気質は遺伝すると言われています。命をつなぐために大切な性質なので親は子へ引継ぐのです。だから怖がりの親犬からは、怖がりな気質を持つ子犬がうまれやすい傾向があります。

怖がりでビビりな犬=ダメな犬、ではありません。問題なのは、怖がっている犬が不安な気持ちを打ち消そうとして、吠えたり興奮したり、場合によっては犬や人間に対して攻撃的になるなどの「問題行動」を起こしてしまうことです。

ビビりなコたちが少しでも安心して社会生活をおくれるように、心と身体に必要以上のストレスがかからないようにするためにも、そのコのペースに合わせた社会化トレーニングが大切です。

トレーニングといっても強制や体罰を伴うやり方ではなく、「おいしい、楽しい、うれしい」と犬が楽しく学べる方法で、焦らずゆっくり愛情をこめて行っていきます。

保護犬を家族に迎えた里親さんには、ビビりも犬の個性と考えて「そのままでもいいんだよ」と丸ごと受け止めていただきたいと思います。少々風変わりだったとしても、そのコにあったライフスタイルがあっていいのです。

次回は、犬の行動に隠された理由についてお伝えします。